USUI SEMINAR

Navigation Menu

USUI SEMINAR

About

日本大学法学部 臼井ゼミナール

Why We Do

臼井ゼミの理念

臼井先生からの挨拶

「自己超越」・・・臼井ゼミが目指すもの
臼井ゼミの理念は「自己超越」です。米国の文豪アーネスト・ヘミングウェイの言葉に ”There is nothing noble in being superior to your fellow man; true nobility is being superior to your former self.”  があります。これは「他の人より優れていることは,特に気高いことではない。真の気高さとは,過去の自分よりも優れていることだ」という意味です。私はこの言葉が大好きです。人生を歩んでいく過程で私はいつも「自己超越」を大切に思っています。昨日の自分より今日の自分が一ミリでも成長しているのか。自問自答の末,まだまだだと感じているときは未熟なのです。自分に嘘はつけません。人間は意識的にも無意識にも他者と比較し自己評価をします。世の中は競争社会なのです。しかしそのような競争社会中で確固たる指針を失わずに,一歩一歩進んでいくためには,揺るぎない強い志が必要なのです。このヘミングウェイの言葉の中で私が特に気に入っているのは「true nobility」です。これは「nobility=特定の階級(貴族)のもつ排他的な権力」とは異なります。まさに「真の気高さ」なのです。「真の気高さ」とは素直に自身を見つめられる清い心を持つことです。私もまだ挑戦の途中です。

臼井ゼミでは「与える」ことはしません。先輩ゼミ生も私も「教えない、指導しない」ことを心がけています。これはいかなることでしょうか。そう我々は,学生の主体的なactionに対して,全力でreactionすることを信条としています。主体性を持つこと,常に自分が組織の原動力であることを自覚することが必要です。閉ざされた扉を抉じ開けるのは,他でもない「自分」なのです。臼井ゼミでは全員がリーダーです。他の誰でもない「自分」が組織のエンジンであることを胸に,日々活動できる人材の育成を目指しています。全員が自己超越を志して活動すれば,シナジー効果が発揮され,組織は黙っていても成長していきます。

私は学生諸君に大きく羽ばたいてほしいと願っています。夢は実現できるものであることを確信してほしいのです。そのためには「真に気高く」生き抜くことが求められます。そして組織と社会へポジティブな影響を与える源泉になってほしいと願っています。臼井ゼミの学生諸君は皆「自己超越」の理念を胸に刻んで卒業します。「自己超越」にゴールはありません。「自己超越」には無限の悦びがあるのです。

臼井哲也
2009年3月臼井ゼミ2期生春合宿での談話に加筆

臼井ゼミの3つの理念

Autonomy

自主性

臼井ゼミではゼミ生が自ら考え行動することを第一と考えています。先生から研究内容を指定することはありませんし、研究の進め方についても指定はありません。それは自ら物事を切り開く力を身につけるためです。

Toughness

知的タフネス

私達は今後、答えのない世界で突き進んで行かなければなりません。そのためには一人ひとりが物事に対して考えぬき「知的タフネス」を磨く必要があります。議論と対話を重ね、様々な文献と触れ合うことで論理的な思考力を身につけます。

Action Oriented

実行力

地に足のついた研究をするためには文献を読み議論を重ねるだけではなく、現場の声も必要になります。そのためには机上の空論ではなく具体的なアクションにまで落としこむ必要があります。インタビュー、アンケート収集などを通じて実行力を身につけます。

What We Do

臼井ゼミの研究

研究活動


International Business Studies Intercollege Competition

臼井ゼミではInternational Business Studies Intercollege Competition(IBインカレ)での優勝を一つの目標として活動しています。2013年度、2014年度と総合優勝を果たし、今後も常勝集団としてあり続けるために研究を進めています。


World Retail Congress

2012年度よりオブザーバーとして参加してきた臼井ゼミは2015年度より参加開始。グローバル・マーケティング研究のさらなる向上を目指し挑戦します。

world-retail-congress

How We Do

イベント スケジュール

全体スケジュール

4月 5月 6月

新年度となり臼井ゼミの活動がスタートします。晴れて入室となりましたゼミ生は4月より少人数の班に別れチームで研究を進めます。
毎週一回研究の報告を行うプロゼミでは各班が前回指摘された課題を修正し研究の進捗を発表します。研究によって進捗は異なりますが、この時期に企業の方にインタビューへ行く研究班もあります。

7月 8月 9月

テーマを決め実際に文献レビューやインタビューをを行い問題の所在を明確にします。夏休みは基本的に毎週行われるプロゼミはありませんが、9月上旬の夏合宿に向けて研究に没頭します。
9月には日本大学法学部の法桜祭でのプレゼンテーションや、白鴎大学経営学部の内堀ゼミとの合同ゼミが行われ本格的なディスカッションが行われます。

10月 11月 12月

10月〜11月はより現実的な解決策を提示するためにアンケート調査や、企業インタビューを行います。研究内容によっては統計学を駆使して分析を行い解決策の有用性を証明するなど、この期間は研究にとってとても重要な期間になります。また、次年度の入ゼミ試験もこの期間に行われます。
12月になると臼井ゼミの最大の目標を達成する場である、IBインカレが開かれます。IBインカレではこの1年間の集大成を締めくくる大きな舞台です。

1月 2月 3月

IBインカレが終了しますと、次期ゼミ生の育成に注力します。3月の春合宿に向けて後輩の個人研究や、統計学、研究の進め方に関するアドバイスを行います。2月、3月には臼井ゼミのOB・OG総会が開催されます。歴代の臼井ゼミ生が集い、OB・OGの方々から研究のフィードバックを頂いたり、先輩方と交流を深めたりと臼井ゼミの伝統を引き継ぎます。